SHERBETS(シャーベッツ)浅井健一率いるロックバンドの紹介

JROCK

孤高の最強バンド「ブランキージェットシティ」のギターボーカル 浅井健一さんが作ったバンドがこのSHERBETS(シャーベッツ)です。

SHERBETS(シャーベッツ)のオススメポイント
・ブランキー直後のベンジーのクオリティの高い楽曲が多い
・シャーベッツはインディーズで有名な曲は少ないが名曲が多い
・ブランキーでは表現のできなかった大人のロック、深い曲が多い

浅井健一さんといえばTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉さん、元ミッシェルガンエレファントのチバユウスケさんと並ぶ3大ロックスターと言われていますが、

浅井健一さんいわくSHERBETSは「宝物」と言ったバンドです。

SHERBETSは浅井健一さん自身でsexy stone records(セクシーストーンレコーズ)を立ち上げ、そのセクシーストーンレコーズからリリースをしているバンドです。

バンドのメンバーは、ギターボーカル にベンジーこと浅井健一さん、キーボード・コーラスに福士久美子さん、ベースに仲田憲市さん、ドラムに外村公敏さんの四人です。

一度「FREE」というアルバムをリリースした際に解散と発表されましたが、すぐに撤回されました。

シャーベッツはインディーズから発売されているため、ブランキージェットシティのように大きなセールスとはなっていません(ブランキーでオリコン最高2位、シャーベッツはオリコン最高15位)が、楽曲に関してはかなりレベルが高く唯一無二の世界観を表現しています。

このページではSHERBETSのサンプルをそのまま聴けるので是非聴いてみてください。

SHERBETS(シャーベッツ)のオススメポイント

シャーベッツのオススメポイントを紹介します。

ブランキーとどう違うのか?ブランキーしかあまり聞いていないという人に是非聞いてもらいたいバンドです。

ブランキージェットシティ、AJICO以降の「浅井健一」のメロディーの完成度が高い楽曲が聴ける

シャーベッツがバンドを始めたのは、ブランキージェットシティのバンドの後期アルバム「SKUNK」、「LOVE FLASH FEVER」、「ロメオの心臓」、「Harlem Jets」などのメロディがキャッチーで浅井健一さんがどんどん名曲を生み出していく時期のため、SHERBETSもそれにもれず名曲が多いです。

アルバムAURORAよりボーリングクラッシュ

AJICOでも演奏された「Black jenny」

この曲は頭の中に映画のような情景が浮かぶ詩とサビのメロディが最高ですね。

ちなみにカップリングのBaby Gunも爽快感のあるナンバーです。

シングル「High School」

このシングルが発売されたのは1999年。

演奏的にはニルヴァーナなどのグランジを感じさせます。

ブランキーではこの演奏の感じではいかなかっただろうと推測されます。

ブランキーでは表現ができなかった浅井健一の曲調が聴ける

ブランキージェットシティが解散したことは「最高のアルバムができたので解散します」と本人たちが語っていますが、恐らくはやりたい方向性がメンバー間で変わったのが影響かと思われます。

※浅井健一さんはSHERBETS、照井利幸さんはCARNE(ベース、ギター、シンセサイザー)、中村達也さんはロザリオス(インスト系生演奏バンド)の方向性を見ればわかると思います。

レディオヘッドの「KID A」が打ち込みを取り入れたロックとして世界を席巻しているなか、ベンジーやベースの照井さんもそちらの方向性にシフトしアルバム「ロメオの心臓」では打ち込みを取り入れたサウンドを聞くことができます。

アルバムNaturalより「フクロウ」

しっとりとした演奏にファルセットのベンジーのボーカルに合わせた曲です。

アルバムVIETNAM1964から「ラブジョビンダグ」

メインのキーボードのリフがかっこいい一曲です。

変化を続ける大人のオルタナティブロック

SHERBETSは当初はSHERBET名義で「セキララ」を発表した際はパーカッションに「スティーブエトウさん」、ギターに「水政創史郎さん」がいてアコースティックなサウンドでしたが、2作目となる「SIBERIA」以降は現メンバーでの活動となりアルバム毎に作風を変えて魅力ある作品が作られています。

アルバムNaturalより「並木道」

アルバム「Natural」のラストを飾るナンバー。

ハイトーンやシャウトを使わないベンジーのボーカルもいい。

アルバム Vietnam1964より「岬のさる」

静かめの展開からどんどん盛り上がっていく深い曲です。

キャッチーではないですが、世界観の大きさにふっ飛ばされる曲ですね。

最も好きな曲かもしれません。

 

唯一無二の世界観 ぶっ飛んだ歌詞

浅井健一さんはブランキージェットシティのときも際立った歌詞の曲が多かったですよね。

「悪いひとたち」「PUNKY BAD HIP」「SKUNK」など。

印象的だった歌詞に痺れた人も多いのではないでしょうか?

もちろん SHERBETSでもそのベンジーの世界観は健在です。

ジョーン・ジェットの犬

マンガ「ブラックジャックによろしく」でも紹介されてました。

金星にふっ飛ばされた~~の歌詞がぶっ飛んでます。

38special

この曲は歌詞をとにかく見てほしい。

ロッキンオンと揉めた時はこの曲にのせてディスっていたという噂が…。

Baby Revolution

ハイハイをしている赤ちゃんが世界を変えるという歌。

私は大好きって曲ではないのですが、世界観がおもしろいですよね。

シャーベッツの名アルバム紹介

どのアルバムにしようか迷いますが、

寒い国で作られたような温度感のアルバム「AURORA」

このアルバムは立っている曲が多いですね。

一番とっつきやすいのが11曲めのボーリングクラッシュで、とてもポップな曲すね。

1の愛はいらないは歌詞が素晴らしくて、Merry LouはMUSE好きの人とかは好きだと思います。

トカゲの赤ちゃんは、聴き込めば聴き込むほどハマるスルメのような深い曲です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【25日24時間限定!エントリーでP最大26.5倍】【中古】邦楽CD SHERBETS / AURORA[初回盤]
価格:750円(税込、送料別) (2021/10/23時点)

楽天で購入

 

 

 

ジメジメとした湿度の高さを感じるようなアルバム「Vietnam1964」

このアルバムは先程のオーロラの雰囲気とは逆にジメジメするほどの暑さや湿度を感じるアルバムです。

1曲目の「家畜の朝」はジメジメ感がすごく伝わってくるグランジテイストの強い曲。

2曲目の「岬のさる」8曲目の「夢見るストロベリー」はSHERBETSでしか表現のできない奥深い世界。 短い映画を観たぐらいのボリュームを感じますね。

5曲目の「友達」はポップなメロディです。歌詞に出てくる純粋な友達というのは「中村達也」さんのことだと思います。

7曲目のラブジョビンダグは福士さんのキーボードがかっこいい!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 VIETNAM 1964 /SHERBETS 【中古】afb
価格:300円(税込、送料別) (2021/10/23時点)

楽天で購入

 

 

 

深淵な奥深い世界の完成形「Natural」

ジャケットがデザインの本に引用されていましたが、フクロウの目がドアップで印象的ですね。

このアルバムこそアルバム単位で聴いてほしいアルバムです。

1曲目のフクロウはファルセットを使ったキレイで美しい曲。

5曲目は明るいベンジーの歌詞が満載という感じです。

6曲目は弾き語りのベンジーが好きなら聴いてほしい「わらのバッグ」。

11曲目はラストを飾るにふさわしい名曲、美しいアルペジオのギターから、SHERBETSのリズム隊が素晴らしいと感じ、キーボードが世界観を引き出します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 natural /SHERBETS 【中古】afb
価格:300円(税込、送料別) (2021/10/23時点)

楽天で購入

 

 

 

シャーベッツのまとめ

さてSHERBETSのバンド紹介をしましたが、いかがでしたでしょうか?

こんなに良いバンドなのにみんなに広まっていない!と感じてこのページを作りました。

ブランキー好きだけれど他の浅井健一さんの曲も聴いてみたいという人や、昔人気だったブランキーの浅井健一さんの曲を聴いていみたいという人に少しでも聴いてもらえたら幸いです!