レディオヘッド(レディへ)何がいい?暗い?代表曲、有名曲を紹介

洋楽

今回はRadiohead(レディオヘッド)略してレディへのライブやアルバムを紹介します。

よく巷で「何がいいのかわからない…」とか「曲が暗い嫌い」とか聞きます。

 

レディオヘッドの特徴としては、アルバム毎に全くスタイルが変わるミュージシャンです。

アルバムごとにポップなアルバム、ギターロックなアルバム、ポストロックのアルバム、打ち込みなどの電子音楽を中心にしたアルバム、ダブを取り入れた先進的なアルバムと時代によって同じバンド?と思える違った楽曲を発表します。

もしかしたらたまたま聴いた楽曲が後期の作品にばかりだったのかと推測されます。

私も思うのですがアルバムの8枚目以降は確かに暗いし何がいいのかわからないという意見もわかるような気がします。

 

レディオヘッドのメンバーはギターボーカル、ピアノ、キーボードのトム・ヨーク(Thomas Edward Yorke)、主にギターのジョニー・グリーンウッド、ジョニーの兄でベーシストのコリン・グリーンウッド、ギターとコーラスのエド・オブライエン、ドラムス・パーカッションのフィル・セルウェイの5人です。

RADIOHEADは全員同じ学校の友達でバンドを結成しているので、大学の時からずっと同じメンバーってすごいですよね。

ザ︰イエローモンキーの吉井和哉さんや、椎名林檎さん、元ブランキージェットシティの浅井健一さん、くるりの岸田繁さんなどレディオヘッドの楽曲について素晴らしいと言っており、多くのバンドに影響を与えています。

ニルヴァーナ以降のロックバンドとして世の中に最も影響を与えたバンドと思っています。

来日もよく行っており、サマーソニックやフジロックに出演して話題になっていました。

レディオヘッド レディへの名盤、名曲を中心にLIVEで紹介します。

  1. レディオヘッドをアルバムごとに紹介します。
    1. 1枚目のアルバム パブロ・ハニー まだシンプルな曲調 オススメ度★★
      1. デビューから売れた名曲「Creep」 ポップ好きはこの曲から
      2. シンプルな楽曲 Rip cord
    2. 2枚目のギターロックアルバム 一番聴きやすく曲調が激しい アルバム「ザ・ベンズ」(the Bends) おすすめ度★★★★★
      1. アコースティックギターのイントロからファルセットのサビが名曲のHigh and Dry
      2. 攻撃的なトリプルギターがロックでかっこいい「Just」
      3. アコースティックな名曲Fake plastic trees
    3. 3枚目の革新的なロックアルバムの名盤 OK computer オススメ度 ★★★★★
      1. 曲構成がクイーンのボヘミアン・ラプソディぐらい複雑な「Paranoid Android」
      2. 静かな名曲「No Surprises」
      3. 静かなアコースティックから最後に劇的に盛り上がる「exit music」
    4. 4枚目のアルバム「KID A」からロックから打ち込みにスタイルを大幅に変える オススメ度★★★
      1. レディへで一番上がる曲かもしれないIdioteque
      2. 椎名林檎も泣いて感動した曲 Motion Picture Soundrack
    5. 5枚目のアルバム「Amnesiac」このアルバムも4枚目と引き続き実験的なアルバム ジャズを取り入れた曲が名曲 オススメ度★★
      1. Life in a Glass House JAZZとレディオヘッドの融合
    6. 6枚目のアルバム 名アルバム「Hail To The Thief」ヘイル・トゥ・ザ・シーフは ロックに少し戻った名アルバム オススメ度★★★★
      1. 2+2=5 レディへ1 かっこいいロック曲
      2. Sit Down, Stand Up
    7. 7枚目のアルバム「In Rainbows」 OK Computerに近いと言われているアルバム オススメ度★★★
      1. 15Step
      2. Bodysnatchers トム・ヨークのギターボーカルがすごい
    8. 8枚目以降は再び実験的に 暗いとか特に何がいいのかわからない…という意見もわかるかも。
    9. レディへはアルバム未収録 シングルのB面の名曲もたくさんある
      1. アルバム未収録 名曲 Lift
    10. トム・ヨークのソロアルバムやアトムス・フォー・ピースの名曲も素晴らしい

レディオヘッドをアルバムごとに紹介します。

レディオヘッドはアルバム毎にスタイルが変わるので、アルバムを紹介すると全体のイメージがわかりやすいと思います。

1枚目のアルバム パブロ・ハニー まだシンプルな曲調 オススメ度★★

このデビューアルバムは私もあとで聴き直したりバンドでコピーをしたのですが、荒削りで洗練されていないという印象もあります。

でもこのアルバムでしかできなかったであろう名曲もあるので紹介をします。

デビューから売れた名曲「Creep」 ポップ好きはこの曲から

やっぱり90年代のロックの名曲といえば、Creep(クリープ)ですよね。

このCreepでレディオヘッドは一気にブレークしましたが、本人たちはこの路線で受け入れられるのを嫌ってライブではほぼ演奏してくれない楽曲です。

リードギターのジョニーもこの楽曲があまり好きではなく、途中から楽曲をぶち壊そうとジョニーのギターの「ガガッ!」というノイズが入ります。

逆にそこが印象的だとして名曲として受け入れられていますが…w

Creepはライブをした際は、サビで大合唱が起こるほどメロディアスです。

シンプルな楽曲 Rip cord

シンプルで疾走感のあるナンバーRip cord この曲もシンプルでいいですね。

2枚目のギターロックアルバム 一番聴きやすく曲調が激しい アルバム「ザ・ベンズ」(the Bends) おすすめ度★★★★★

2枚目のアルバムはギターロックなアルバムです。

1枚目は未成熟だと感じた実験的な部分も2枚目ではうまくまとまっており、完成度の高いアルバムです。

曲調も激しい曲が多いので、そういう曲が好きな人には一番オススメです。

ザ・ベンズはポップかつロック、名曲が多いアルバムです。

アコースティックギターのイントロからファルセットのサビが名曲のHigh and Dry

このポップな曲を聴いてほしい…!レディオヘッドってこんな爽やか?な曲もあるんですよ!

攻撃的なトリプルギターがロックでかっこいい「Just」

私はこの曲が大好きでギターを弾きまくってましたね~
イントロから怒涛の攻めのギター、曲の展開も素敵ですよね。

アコースティックな名曲Fake plastic trees

レディオヘッドで一番好きな曲として挙げられるフェイクプラスティックトゥリーは、アコースティックなギターにポップなメロディです。

3枚目の革新的なロックアルバムの名盤 OK computer オススメ度 ★★★★★

私が個人的に一番ハマったアルバムはこのオーケーコンピューターです。

世間でも名盤と評価が高いこのアルバムですが、前作からのトリプルギターの持ち味がいかんなく発揮されてます。

しかし、曲の構成がシンプルから複雑になってきているのと雰囲気が暗い楽曲が増えました。

聴きやすい曲が多くてロックの名盤であることは間違いないです。

曲構成がクイーンのボヘミアン・ラプソディぐらい複雑な「Paranoid Android」


この楽曲は曲展開が目まぐるしく変わるんですよね~。

当時クイーンのボヘミアン・ラプソディを意識したか?と言われていたような言われていないような。

静と動が入り乱れる名ロック曲です!

静かな名曲「No Surprises」

PVではトム・ヨークが入った容器の中に水がどんどん入っていき溺れるような衝撃的の曲。
歌いやすくて私が行ったサマソニのライブで合唱したことを思い出します。

静かなアコースティックから最後に劇的に盛り上がる「exit music」

ロミオとジュリエットのサントラにも入った曲です。

前半はずっと静かな曲調ですが、後半にドラマティックに盛り上げてくれます。

映画のエンドロールで映画の気持ちを最高潮に盛り上げてくれました。

4枚目のアルバム「KID A」からロックから打ち込みにスタイルを大幅に変える オススメ度★★★

このアルバムはロックバンドの常識を覆すというぐらい電子音楽(打ち込み)を取り入れて世界を驚かせました。

レディオヘッドが一番世界に衝撃を与えた記憶に残るアルバムでしょう。

椎名林檎も泣いたと言われる名曲もあります。

レディへで一番上がる曲かもしれないIdioteque


レディへの電子音楽を取り入れてかっこいい曲はこの「Idioteque」がオススメですね。

トム・ヨークのダンスも話題になったこの楽曲、3分36秒あたりから曲の途中から見てほしいです。

ロック好きでレディオヘッドを聴いたことない人には是非この曲をLIVE版で聴いてほしいです。

椎名林檎も泣いて感動した曲 Motion Picture Soundrack


私はこの曲大好きなんですよね~

一度しかない曲展開に、儚い終末を感じるエンディングとかでかかったら泣く曲調です。

5枚目のアルバム「Amnesiac」このアルバムも4枚目と引き続き実験的なアルバム ジャズを取り入れた曲が名曲 オススメ度★★

5枚目AmnesiacもKID Aから引き続き実験的なアルバムとなっています。

元々1枚のアルバムにしようとしたところ構想が膨らんで2枚のアルバムになったとのことです。

Life in a Glass House JAZZとレディオヘッドの融合

6枚目のアルバム 名アルバム「Hail To The Thief」ヘイル・トゥ・ザ・シーフは ロックに少し戻った名アルバム オススメ度★★★★

この「Hail To The Theief」のアルバムも名曲が多いんですよね。

反戦をテーマに扱ったアルバム名ヘイル・トゥ・ザ・シーフですが、何より嬉しかったのが久しぶりの生演奏ですよ。やっぱり生ドラムだな~と思ったことが懐かしいです。

また楽曲がOK computerの時を彷彿とさせるぐらいシンプルな曲も多くてオススメです。

2+2=5 レディへ1 かっこいいロック曲

 

Sit Down, Stand Up

アルバムの2曲目です。

2+2=5からの次にこの曲はライブの最高の始まり方ですね。

除々に除々に盛り上がってきて最後に爆発する名曲です。

7枚目のアルバム「In Rainbows」 OK Computerに近いと言われているアルバム オススメ度★★★

このインレインボウズは発売手法が話題になったアルバムです。

当時アルバムを売り切りという形が主流だったなか、なんとインターネットでお客さん自体に価格を決めさせる画期的な販売方法でした。

このアルバムも色々名曲があります。

15Step


ジョニーの指弾きギターかっこいい…!

Bodysnatchers トム・ヨークのギターボーカルがすごい

この曲のリフを弾きながら歌うトム・ヨークすごいですね~。

このアルバムはOK Computerに似てると言われているアルバムですが、たしかにギターロックしてますもんね。

8枚目以降は再び実験的に 暗いとか特に何がいいのかわからない…という意見もわかるかも。

8枚目からは私もレディオヘッドについていけなくなってしまって…

ちょっと楽曲が実験的すぎてわからなくなったんですよね~

アルバムを通しても私的には曲がたっていなくて…ほとんど聞いていません。

でもその実験的な姿勢を貫いているのはすごいですよね。

売れようと思えば売れるような曲も作れると思うんですけれど…本人たちは飽き飽きしているのかもしれないですね。

レディへはアルバム未収録 シングルのB面の名曲もたくさんある

アルバム未収録 名曲 Lift


The BendsとOK Computerの間の曲だったんじゃないですかね~

アルバムに入ってもおかしくないクオリティの名曲です。

トム・ヨークのソロアルバムやアトムス・フォー・ピースの名曲も素晴らしい

ボーカルのトム・ヨークはソロ活動も行っており、その楽曲を使ってレッチリのフリーとナイジェル・ゴッドリッチと一緒にバンド「アトムス・フォー・ピース Atoms for peace」を組んで活動をしていたりもしました。

そちらの曲もRadio headと同様素晴らしいので是非聴いてください!

 

さてレディへの曲が暗いとか何がいいのかわからないと思っていた方、この記事を見ればレディオヘッドのバンドの凄さがわかったのではないでしょうか?