AJICO(アジコ) UAとベンジーのバンドが再始動 名曲代表曲を紹介

JROCK

AJICOが20年ぶりに再始動のニュースには驚きましたね!

アジコはフジロックにも登場し私は感動しっぱなしでした!

メンバーは、ギター・コーラスは元Blankey jet cityの浅井健一さん(あだ名ベンジー)、ボーカルのUAは言わずとしれた村上淳さんと結婚・離婚し子供に村上虹郎を持つ日本人離れしたシンガー、ベースは元RISE、堂本兄弟にも出演し中村達也とのインストバンドLOSALIOS(ロザリオス)にベーシストのメンバーTOKIE、そして数々のサポートドラマーを行う天才ドラマー椎野恭一さん。

ブランキージェットシティと言えばあのタモリさんが唯一再結成してほしいバンドとして名前が上がっていたバンドです。

そしてタモリさんがベンジーとUAの会話は自由すぎておもしろいと言っていたのが印象的です。

AJICOを結成した時は各々のメンバーも、全盛期の時で腕と作曲もノリにのっていた時でした。

今回のAJICOの再始動は正直いつまで活動してくれるのかわかりませんね。

ライブには早く行ったほうがいいかもしれません。

 

今回はAJICOのこれまでのアルバムとオススメ曲を紹介します。

バンドの結成はUAに楽曲提供をした際にベンジーとUAが話して決まった

AJICO(アジコ)はUAに浅井健一さんが楽曲を提供したレコーディングの時に話していて、結成されたそうです。

椎野恭一さんはUAさんのライブでもサポートドラマーをつとめていたので、後はベーシストとのことでしたがアップライトベースを弾けるTOKIEさんを浅井健一さんがとあるイベントで見かけてバンドに誘ったそうです。

AJICOのバンド名は、唯一浅井健一さんが気に入った名前で宇宙をさまようヨットなどと答えていましたが実は野溝七生子さんの小説「山梔」の主人公の少女の名「阿字子」からとったとのことです。

AJICOの音楽性、ルーツ

AJICOの音楽性はなんといってもスキルが高く個性的なメンバーが集まって作られたケミストリーと音楽性の幅の広さだと思っています。

Blankey jet city で激しい曲を極めたベンジーですが、このAJICOでは激しいというよりも通常のロックバンドでは出せない雰囲気の曲があります。

ボーカルとして実力のあるUAさんだからこそバラードもしっかり歌い上げてくれます。

ボーカルも2人いるわけですし、TOKIEさんは通常のベースからアップライトベースまで世界観の広いバンドです。

AJICOのアルバムは、2021年「接続 – EP」、2001年「深緑」、ライブアルバム「AJICO SHOW」のみ

AJICOの活動期間は最初の2001年のほぼ1年だったので、アルバムは1枚、ライブアルバムが1枚しか出されていませんでした。

 

私もこのアルバムしか出されないと思っていたら、2021年再結成時に「接続- EP」を出してくれて感動しました。

私がオススメをするのは、ズバリ「AJICO SHOW」です。

ライブアルバムですが、4人共ボーカル、ギター、ベース、ドラムはスキルも高く個性的なプレーヤーなので、ライブアルバムでもクオリティの高い演奏となっておりスタジオアルバムを超える熱さとなっています。

AJICO SHOWでも披露されたブランキージェットシティのペピンを超えたAJICOの「ペピン」

私が一番にオススメをする曲は「ペピン」です。

この曲はブランキージェットシティでもシングルカットされていましたが、このAJICOの「ペピン」こそ完成形だと思わせる完成度です。

1番のAメロとサビははじめUAが歌い、2番のAメロをベンジーが歌いそれからサビはUAとベンジーのツインボーカルになるところが鳥肌ものです。

AJICO SHOW「美しいこと」

美しいことを大切にしているUAとベンジー。弱くても美しくなれるという歌詞が最高です。

私はベンジーこと浅井健一さんのファンなので、ベンジーが中心になって歌ってくれると嬉しいんですよね!

コーラスでメインボーカルに絡めるように歌うUAも素敵です。

AJICO アジコのまとめ

今回はAJICOの紹介でしたがいかがでしたでしょうか?

AppleMusicなどでもシングルからアルバムまですべて聴けるようになっておりますのでオススメです。