AJICO(アジコ) の有名曲 代表曲を紹介 解散や再始動の理由

AJICO(アジコ)の名曲と代表曲邦楽(JROCK)

AJICOが20年ぶりに再始動のニュースには驚きました。

そして2024年3月13日にアルバム「ラヴの原型」の発売、2024年「AJICOの原型」の全国ツアーが行われています。

※後半にライブに参戦をしたので記事を描いています

日本最強のバンドと言われていたブランキージェットシティが解散した後、浅井健一さんが組んだバンドとして話題に上がったのがこのAJICO(アジコ)というバンドです。

メンバーはギター、コーラス、ボーカルは元Blankey jet cityの「浅井健一」さん(あだ名ベンジー)、ボーカルの「UA」は言わずとしれた日本人離れしたシンガー(村上虹郎の母)、ベースは元RISE、堂本兄弟にも出演し中村達也とのインストバンドLOSALIOS(ロザリオス)のメンバーだった天才ベーシスト「TOKIE」、そして数々のサポートドラマーを行う実力派ドラマー「椎野恭一」さん(パイセン)。

 

「AJICOのエピソード」としてはタモリさんが2000年頃、ラジオでベンジーとUAの会話が自由すぎておもしろくて車を止めて聴き入ったと言っていたのが印象的です。

AJICOを結成した時ベンジーはブランキーで、UAもチャートに出てくる人気がある時期でしたから、スーパーバンドができたと話題になっていました。

2001年に結成しわずか一年足らずで活動休止、そして20年たった2021年に奇跡の復活で今回のAJICOの再始動はいつまで続くのか。

フジロックに出てくれたのとツアーを2回やってくれているのでとても楽しく生活できています。

AJICO(アジコ)ファンの方は、再始動した際は一刻も早くライブに行ったほうがいいかもしれません!

 

今回はAJICOのこれまでのアルバムとオススメ曲を紹介します。

2024年3月13日発売の新譜「ラヴの原型」は約3年ぶりの発売で6曲入りで発売されました!

ベンジーが歌っている曲も2曲あったりUAに音程の高さに合わせた楽曲があったり早速リピートして聴いています!

 

先日、NHKの番組でAJICOが出演しました。

「The Covers」80’s ロックナイト〜TMネットワーク・レベッカと1984年〜

小室哲哉さんとUAが喋っていたのと、フレンズとラヴの原型を演奏したようです。見逃しました~

AJICO(アジコ)のエピソード(逸話)凄さ

AJICO(アジコ)がなぜこれほどに注目がされるのか…

前述したようにバンドのメンバーが各一人一人が第一線で活躍するメンバーが集まったスーパーバンド(この言葉はあんまり好きじゃないですが)だからです。

浅井健一さんはブランキージェットシティで日本のガレージロックバンドとして頂点を極めたバンドのギターボーカル、UAさんもヒットチャートに名前の出てくるスーパーボーカル、そしてTOKIEさんも椎野恭一さんもすごい腕を持つメンバー。

またメジャーで活動しているというのが大きなポイントかもしれません。

広告などのプロモーションがつきTV番組、ラジオに出演し世間に認知されるわけですから。

AJICOの解散理由…アジコは解散せずに活動休止していた

再始動したことからもわかるようにAJICOは解散していません。

でも20年もの長い間の活動休止だったので解散だと思われていても仕方がないことかもです。

活動休止にした理由としては「完全燃焼」だった

なぜ活動休止にしたのか、UAさんは当時を振り返って1年で完全燃焼したと発言しています。

このときはUAさん自体も多忙だったし、UAさんも浅井健一さんも各々でやりたいことがある主張が強いアーティスト同士のため疲れてしまったのではないか?と私の見解です。

ですが改めてすごいバンドをしていたのだとUAさんがラジオを聞いて気付いたこと、年齢を重ねていくにあたってお互い落ち着いたのもあり、意見を尊重しあえるようにもなりアルバム制作やツアーに繋がっているのではないかと思います。

再始動した理由

再始動した理由ですが、フェス(2016年)でベンジーがUAの旦那さんにあった時にまたやろうよって言っていたらしいです。

またUAさんが日本の音楽を聞き直していた時にAJICOの深緑を聞いてかっこいいと思って、タイミングもあって声をかけたようです。

ただいつまでやるかは未定でUAが昔みたいに完全燃焼はしないだろうしと発言していましたが、再び活動休止になっています。

バンドの結成はUAに楽曲提供をした際にベンジーとUAが話して決まった

AJICO(アジコ)はUAに浅井健一さんが楽曲を提供したレコーディングの時に話していて、結成されたそうです。

椎野恭一さんはUAさんのライブでもサポートドラマーをつとめていたので、後のメンバーはベーシストを探すだけの状態でアップライトベースを弾けるTOKIEさんを浅井健一さんがとあるイベントで見かけてバンドに誘ったそうです。

AJICOのバンド名は、唯一浅井健一さんが気に入った名前で宇宙をさまようヨットなどと答えていましたが実は野溝七生子さんの小説「山梔」の主人公の少女の名「阿字子」からとったとのことです。

AJICOの音楽性、ルーツ

AJICOの音楽性はなんといっても、ボーカル、ギター、ベース、ドラムの各パートのスキルが高くかつ個性的なメンバーが集まって作られたケミストリーと音楽性の幅の広さだと思っています。

Blankey jet cityで激しい曲が多かったですが、このAJICOではブランキーとはまた違う深い世界観を感じさせてくれます。

※浅井健一さんは音楽としてPortis head(ポーティスヘッド)も意識して作ったとのことですが、当時Radioheadにも影響を受けていましたし、UAさんはBJORKに一番影響を受けたことを公言しています

ボーカルとして日本でも高い実力のあるUAさんだからこそ、バラードもしっかり歌い上げてくれるのがこのバンドの良いところ。

UAと浅井健一さんの歌える人が2人いて、TOKIEさんは通常のベースからアップライトベースまで、椎野恭一さんはロックな演奏からジャジーな演奏まで幅広い世界観を持ったバンドです。

AJICOの代表曲、名曲とは

それではぜひ皆さんに聴いてほしいAJICOの曲を紹介します。

ブランキージェットシティのペピンを超えたAJICOの「ペピン」

私が一番にオススメをする曲は「ペピン」です。

この曲はブランキージェットシティでもシングルカットされていましたが、このAJICOの「ペピン」こそベンジーが表現したかった形なのでは?と思わせる完成度です。

※ブランキージェットシティのペピンは打ち込みを取り入れていました

ペピンの1番のAメロとサビははじめUAが歌い、2番のAメロをベンジーが歌いそれからサビはUAとベンジーのツインボーカルになるところが圧巻です。


created by Rinker
¥605(2024/05/25 10:14:38時点 楽天市場調べ-詳細)

新曲のラヴの原型

ベンジーが仮タイトルでディスコと名付けたナンバー。

こんなに攻めたナンバーを今でもやってくれるの嬉しすぎるだろ!

TOKIEさんのブリブリベースと間奏から続くボーカルの裏に響くギターも最高です。

UAさんのダンスもかっこいい!

「美しいこと」

シングルカットされたナンバー。

生きる上で美しいことを大切にしているUAとベンジー。

弱くても美しくなれるという歌詞が最高です。
私はベンジーこと浅井健一さんのファンなので、ベンジーが中心になって歌ってくれると嬉しいんですよね!
コーラスでメインボーカルに絡めるように歌うUAも素敵です。


この曲含め深緑に収録されています。

created by Rinker
¥2,559(2024/05/25 10:14:38時点 楽天市場調べ-詳細)

波動

シングルらしいメロディも立ってUAのボーカルも美しい波動。

UAもこの曲が大好きなのか、UAでもカバーして歌っています。

すてきなあたしの夢

やっぱりUAのボーカルってたまらないですね。

ボーカルと絡むようなベンジーの指弾きのギターも大好きです。

LL.M.S.D 接続 – EPから

20年ぶりに発売した接続からのナンバー。

明るく再始動した雰囲気の伝わるこの一曲は私は好きですね。

created by Rinker
¥3,850(2024/05/25 10:14:38時点 楽天市場調べ-詳細)

地平線 Ma

キーボードが入った新生AJICOのナンバー。

TOKIEさんのぶっといベースがかっこよくて好き。

しかし、素敵に年齢を重ねていくメンバーが素晴らしいです。

AJICOのアルバムは、2024年「ラヴの原型」、2021年「接続 – EP」、2001年「深緑」、ライブアルバム「AJICO SHOW」

AJICOの活動期間は最初の2001年のほぼ1年だったので、アルバムは1枚、ライブアルバムが1枚しか出されていませんでした。

私もこのアルバムしか出されないと思っていたら、2021年再結成時に「接続- EP」を2024年に「ラヴの原型」をリリースしています。

私がこの中からオススメをするアルバムは「AJICO SHOW」です。

「AJICO SHOW」はライブアルバムですが、4人共ボーカル、ギター、ベース、ドラムはスキルも高く個性的なプレーヤーなので、ライブアルバムといってもクオリティの高い演奏をしておりライブならではの熱気を感じられるアルバムです。

 

オススメの曲は、ベンジー好きなら4曲目の「美しいこと」、6曲目の「GARAGE DRIVE」、2枚目の2曲目「ペピン」が聴きどころですね。

UA好きなら3曲めの「すてきなあたしの夢」7曲目の「毛布もいらない」(ブランキーの時は黒盤のベストに黒い宇宙として収録)、8曲目の「悲しみジョニー」、2枚目の8曲目の「波動」がオススメです。

created by Rinker
¥3,850(2024/05/25 14:46:27時点 楽天市場調べ-詳細)

AJICOの原型のツアー ブランキーのあの曲も

現在AJICOの原型のツアー中ですが、私は大阪のZepp難波のライブに参戦しました。

UAの地元ということもありMCは多めでダジャレ披露もあったりしたので和やかかつ、ライブは良いコンディションで素晴らしいライブでした。

またインタビューで事前に言われていたのがブランキーの曲を3曲ぐらい久しぶりにやるよって言っていたので何の曲をやるか楽しみにしていました。

大阪と名古屋で披露された「赤いタンバリン」

大阪に参戦したときに嬉しかったのが赤いタンバリン。

中盤と終盤のギターソロがかっこよすぎるこの曲をまさか歌ってくれるとは…生涯忘れたくない瞬間でした。

日比谷野外音楽堂の野音では「SWEET DAYS」、「ガソリンの揺れ方」

また日比谷の野音ではSWEET DAYSとガソリンの揺れ方が演奏されたそう。

ベンジーの息子の浅井小次郎さんが手伝っていることがアップされており、息子が一番好きなのはSWEET DAYSと語っていたのでベンジーが演奏したのかな?とか勝手に妄想していました。

AJICO アジコのまとめ

今回はAJICOの紹介でした。

現在もツアーをやってくれていますし、日本が誇るスーパーバンドなので今後もゆっくりでもいいので活動を続けてほしいです。