退職代行使っちゃって大丈夫?デメリットを知ろう!

退職について

退職代行を使おうかと悩んでいる方に、「本当に退職代行に頼んで大丈夫ですか?」

もちろん退職代行にも、デメリットがあるんです!

せっかくアナタが築き上げてきたものを失わないためにも、退職代行を使うデメリットを理解して使うか使わないかを考えましょう!

退職代行を使うデメリット

・退職代行は29800円~50000円お金がかかる

退職代行は、仕事として人に頼むわけですから当然費用はかかります!
29800円~50000円程度です。
ただ、もしあなたが残業代をもらっていない or 有給休暇がたくさん残っているのであればこの分のお金は戻ってくる可能性が高いです。
このページで紹介をしている「弁護士の退職代行」にお願いをするのが良いでしょう。

・退職代行を使うとせっかく築き上げた縁が切れる

退職代行を使って急に辞めた場合は、多少なりとも会社で仲良くしていた人とは大体縁が切れることをしりましょう。
まぁ基本会社を辞めちゃったら縁も切れることは多いんですが。
でもね、そんな縁より今が辛い…ウツになりそうと思っているなら、思い切って退職代行を使う方がいいかもしれません。

・退職代行を使うとクズだと思われる、迷惑をかけるかも…

退職代行を使う人のイメージが、言いたいことを直接言わずに逃げるように辞めると思われている方も多いかもしれません…
でもね、クズというのは「仕事をしようともしない」「何か世間を騒がせる大きな損害を出した」「会社の中で犯罪を犯した」ということだと思います。
あなたは仕事をしていましたよね?仕事をしているならクズだと思いません。

退職代行を使わないデメリット

・退職代行を使わないと、上司や社長を説得しないといけない

退職代行を使わないと上司や社長に、退職の意向を伝えて説得しなければなりません。

普通の会社でしたら、何分~何時間か話して「それなら仕方ないですね」と丸く収まるのですが、ブラック会社などでは「退職?無理無理!」と言われちゃうこともあります。

話して通じる相手なら、退職代行はむしろ不要ですが、話が通じない相手の場合は退職代行は必要かもしれません。

・退職代行を使わないと、辞めるのに時間がかかって心がすり減るかも

退職の意向を伝えたけれど、「次の人が入社して、アナタの仕事をその人に引き継ぎをしてからね。」と言われることもあります。

まぁ、すぐに人材を募集して人が入ってくればいいんですが、全然入社してくる気配がなかったり人材を募集してくれないケースなどがあります。

辞めるまでに半年待ったという話も聞きますし、酷いところでは1年待ったけれど何も音沙汰がないということも聞きます。

でも、そもそも法律で労働者は辞めたいと言って2週間まてば辞める権利があるのです。

ラチがあかないようでしたら、退職代行を使うのがいいかもしれません。

・退職代行を使わないと、有給休暇や残業代がもらえないかもしれない

強気な社長や上司が相手の場合、有給休暇や残業代をもらえないまま退職へ持っていこうという人もいます。

もし、そんなことが起きそうだと思えば弁護士が在職している退職代行に頼みましょう。

どんなに強い社長や上司でも、法律家には勝てませんからw

頑張って自力で辞める方法は、マトモな人が相手の場合

普通に辞められる会社なら普通に辞めましょう

普通に辞められる会社なら以下の方法を使いましょう。

通常上司に退職したい意向を伝え、承諾を得れば辞めることが可能です。

退職の意向は、1ヶ月前に伝えれば、労働者の権利として法律上も問題なく辞めることが可能です。

「この方法が最もスタンダードかつ、円満に辞めて退職後も連絡が取れる方法」ではありますので、できるならこの方法をオススメします。

ただ、この方法が通じるのは、「話が通じるマトモな相手」に限ります…。

※マトモでない相手に関しては、前述した方法を参考にしてください。

普通に辞める方法は時間がかかるかもしれない

この方法にも注意点があり、それは「上司や社長にすぐに承認を得られるか」という点です。

よく聞くケースとして、「あなたの仕事をする人がいないので、募集をかけて新しい人が入社して育ってからなら辞めていい」などを言われるケースが多くあります。

その場合半年以上はかかります。

そこまで精神が追い詰められていなければ、待つこともできるでしょうが、すぐに辞めないと鬱になってしまいそうとか、身の危険を感じるならばそうはいきませんが…

また転職をするにも適齢年齢というのも正直あります。

そこまでスキルが高くない、特殊な仕事をしていないのであれば、「30歳」「35歳」「40歳」の壁を超えるごとに転職は難しくなるでしょう。

仕事を通常の方法で辞めるかたは、辞めるにしても円満退職を望んでいたり、お世話になったりして我慢して待つ人も多いでしょう。

しかし、「問題はいつ新しい人が入ってくる」かが大きいです。

誠意のある会社ならすぐに募集をかけてくれるのですが、そうでない会社も多いのです。

結局は、会社側がアナタに辞めてほしくなく、会社に引き止めておいて、「忘れるだろう」とか「気が変わるだろう」と思って、求人募集もしないというケースも多く聞きます。

そうならないためにも、「○月までに人が入らなければ私は辞めます」という約束をするのも一つの手段ですし、働く人として当然の権利です。

退職代行のメリット!アナタが安全に、今すぐに会社を辞めることを実現できる方法

今では退職代行は辞め方としてメジャーになりました。

サービスが拡大しているということは、利用者が多いということでもあります!

アナタの代わりに退職手続きの代行をしてくれる

辞めたいと会社に言うのは気が重い…という方も安心で、退職代行の会社では、アナタの代わりに退職の手続きを進めてくれます。

しかも、退職代行に電話やLINE相談をした、すぐその日から、辞めることも可能です。

そして、退職代行会社では、個人では言っても相手にされない、難しい残業代や有給の消化の交渉までしてくれます。

※飛んだらまず無理です

退職代行の安心できる点

退職代行の会社が安心できる点は、弁護士や、労働組合の人が運営をしているという点です。

専門の法律の知識を持った人が、アナタの代わりに社長や上司と交渉をしてくれます。

さすがに、どんな強者の社長、パワハラ上司でも、法律の専門家、労働組合には勝てません!

面倒な手続きも30000~50000円程度で終わらせます

価格は29800〜50000円程度で退職代行サービスを利用することができます。

※私の紹介しているオススメは、29800~30000円です、しかも弁護士利用で

さすがに辞めたいと思っても5万円以上かかるのは…と思いますよね。

もし、残業代や有給がたくさん残っているなら、交渉次第でそのお金も入るので安く済む可能性がありますね。

悩み続けた日々が、苦しみ続けた日々が、たったの数万円で楽に終わらせられると思ったら本当に救われますよね…

退職代行を使う?でも不安点がある場合は、こちらの記事も見てください!

退職代行を使うのは恥ずかしい?でも、そう思わされているだけかも
退職代行を使っても大丈夫?デメリットを知ろう!
退職代行を使ってまさかのトラブル!? 前例があるのか紹介!
退職代行使ってクズと言われても、病んだり鬱になるよりか遥かにマシ

オススメの退職代行とサービス内容を紹介

それでは私も退職代行について、10社の中から厳選した3社を紹介します。

退職代行NEXT 30000円


私がイチオシするのは、退職代行サービスのNEXTです。

弁護士が対応してくれて、30000円は安いです。

また以下の点も私がオススメするポイントです。

法律の専門家弁護士が対応するのに、30000円と金額が安く頼みやすい!
・全国対応で、LINE、メール電話だけで対応完了可能
・弁護士のため有給休暇の消化、家族バレ、退職日の交渉などすべて可能
・業務を行う弁護士の方が顔を出しているのも安心できる
有名なサービスでも、労働組合系で50000円とかザラにあるので、これはお得ですね。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

男の退職代行 退職成功率100% すべてコミコミで29800円

男の退職代行は、法人化15年で法的に認められた労働組合なので、安心して任せることができます。

これまでの退職成功率は100%で、仮に退職できなかった場合も返金保証があります

損害賠償やトラブルにならないように、このような退職代行歴の長い会社に任せると安心ですね。

有給も全部消化してからの退職へと交渉もするとのこと。

さらに退職後、転職が決まれば5万円の転職祝い金がもらえるので、少しお金が増えるのもいいですね。

専門だから確実に退職できる「男の退職代行」

女性の退職代行【わたしNEXT】 退職成功率100% すべてコミコミで29800円


こちらは男の退職代行の会社「合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」」が行っているのですが、女性に特化している内容ですね。

安心の社歴15年、費用も同じ29800円で100%の退職成功率です。

女性の退職代行【わたしNEXT】はこちら