WEBディレクターのやりがい 将来性は?しんどい…辞めたい人が続出

webの仕事(デザイナー、プログラマー)

私は現役のWebディレクターですが、仕事内容やメリット以外にしんどい面や辛いところなどデメリットも正直に紹介できればと思っています。

あるテレビでは、早死にする仕事として「Webディレクター」が取り上げられていました…!


中間管理職的な立場でお客さんと制作者の間に挟まれて、ストレスがものすごいという理由です。

まぁわかる気もします。

大変なお客さんもいれば、なんだかこの仕事って…と思うこともありますからね。

私は何せ一度Webディレクターを辞めているのでそこら辺は共感できるかと。

だってつまらなかったし、しんどかったので…w (まぁ今は制作もしているから大丈夫ですが)

Webディレクターと言っても仕事内容は様々、制作も兼任するところもあれば、指示しかしない場合も。

一般的にWebデザイナーやコーダー、プログラマーなどに指示を出すのが「Webディレクター」です。

会社によっては、制作経験が未経験でも「Webディレクター」になれるのですが、一体どんな違いがあるのか紹介をします。

具体的にWebディレクターは、どんな仕事をするのか?やりがいがあるのか?将来性があるのか?について、現役のwebディレクターが紹介いたします。
※私自身「Webデザイナー」と名乗っていますが、現在Webデザイナー&Webディレクターの兼任です。

Webディレクターの仕事内容

webディレクターの仕事内容は、会社によって多少は違うのですが、大まかに言うと監督のようなポジションです。

ディレクター=監督という意味なので、指示を出す&確認をするのがメインの仕事となります。

制作で言えば上流工程に位置するため、ホームページを作る際は、お客さんとの打ち合わせから入ります。

場合によっては営業を取りたい際に同行をすることもあります。

ホームページを作る際は、お客さんが「どんなホームページを作りたいのか?」「ターゲットはどんな年代でどんな層なのか?」などのヒアリングからしていくことになります。

デザイン面でいえば、現在ロゴはあるのか?そして、どんな色を使用したいのか?、どんな競合サイトを意識しているか?など。

そして、ホームページの目的もお客さんと話し合って決めます。

お問い合わせをもらうのか、販売をしたいのか、それともただたにコーポーレートサイトとして、ほしいのか。

また、集客方法についてもどうするのか、決めなければいけません。

SEOを意識するなら、どのワードで検索順位に上げたい、広告を出すならどういった広告を出すのか?などです。

また機能面については、お問い合わせフォームや、ブログ機能、会員機能などをつけるか、つけないかなどについても話します。

Webディレクターが仕事面でやりがいを感じるところ

自分ひとりでは作ることが難しい「レベルの高いサイト」を作ることができる

一人でデザインもプログラミングもやると、勉強も必要となり、ハイレベルなものを作ろうとすると限界がやってきます。

その点Webディレクターは様々な人に依頼をするので、自分では技術的に作れないものも作ることができます。

例えば、javascriptでのアニメーションを盛り込みたいとか、漫画を入れたサイトにするとか、ハイクオリティな動画を入れたサイトにしたいとか、Webディレクターであるからこそ実現が可能な仕事ができるのが魅力です。

お客さんに提案して、自分作りたいWebサイトを作れる

WebディレクターはWebデザイナーに依頼をする際に、設計図のワイヤーフレームを作成します。

そのワイヤーフレームはWebディレクターが作成をするので、自分の頭の中にあるイメージをホームページに反映させることができます。

それはWebディレクターだからこそ、お客さんと打ち合わせ時から話をしているため、どんな風にホームページを作るかから提案をできるので、自分のしたいことをホームページに反映させて制作をすることができます。

ホームページから成果が出ると、Webディレクターは褒められやりがいに繋がる

お客さんと接する立場のWebディレクターのため、ホームページで売上が上がったとか、問い合わせが来たよ!となった場合、聞くことができるのはWebディレクターです。

自分が狙ったSEOワードがアクセス数につながったとか、自分の作成した設計図通りに進んでお問い合わせにつながったとか聞くとやりがいに繋がります。

Webディレクターが待遇面でやりがいを感じるところ

上流工程なので、デザイナーよりも給料が高い

一番のメリットは、給料が高いことでしょう。

関西でWebデザイナーの募集を見ると、月給18万~28万ぐらいが大体の給料です。

Webディレクターは月給20万~40万円ほどあり給料面ではWebデザイナーよりも魅力的なことが多いです。

これは一般的には、Webデザイナーの経験を経てWebディレクターになることが多いので、Webデザイナーのスキルが身についたうえでの給料と考えられていたり、WebディレクターがWebデザイナーのキャリアップのようなポジションであるという点があげられるからです。

もちろんWebディレクターは、扱う案件を増やし、たくさん作成を進めなければいけないんですが。
家族を持った人や、将来のことを考えるとこの金額の差は大きいですよね。

Webディレクターは交渉次第で、残業を防げる

Webディレクターは、制作の立場ではなく上流工程のため、作業量をある程度工夫することができます。

急納期になった場合も、外部制作会社に依頼をする場合でしたら、指示さえすればWebディレクターは残業しなくてもかまいません。

その代わり進捗状況を常におったり、トラブルがあった際は、対応をしなければならないのですが…

webディレクターがやりがいを感じないところ、つらい、しんどい辞めたいと思うところ

やりがいを感じるところを紹介しましたが、しんどいとかやりがいがない、辞めたいと思うデメリット面も紹介します。

Webディレクターって指示を出すだけで楽そうって感じるかもですが、つらいことたくさんありますよ!

指示するだけ、作ってもらうだけのWebディレクターはつぶしがきかない

作ってもらうだけや指示するだけのWebディレクターって、ハイレベルなWebディレクションができるなら必要とされるのですが…

低レベルなWebディレクションしかできず制作もできない人はつぶしもきかないので注意した方がいいです。
低レベルなWebディレクションとは、素人のお客さんを相手にして、ホームページはこう作りましょうと一方的に言えホームページを作れる立場ということです。
しかし、Webサイトがすでにあるような会社ではこうはいきません。
なぜなら担当者が居たりしてアナリティクスやSEOなどに詳しい場合、生半可な知識では太刀打ちできない場合があるからです。
言わば素人相手には勝てるけれど、知識の多いWeb担当やWeb制作が少しできるWeb担当者には勝てないということです。

私も昔「指示をするだけのWebディレクター」でしたが、このままじゃ駄目だなと将来性を感じていませんでした。

だって「ワイヤーフレームを書いてデザイナーに依頼するスキル」「お客さんとやり取りをするスキル」って、営業でも身につけたらすぐに追いつける気がしたからです。

むしろ、営業の方がコミュニケーションや交渉も上手なので、抜かされる可能性もあるわけです。

大体「いきなり仕事につけるということは、スキルのない人でもできる仕事」なので、人材に替えが効くということでもあり、「指示をするだけのWebディレクター」の将来性は厳しいと思っています。

お客さんがワガママ、クレーマーの場合大変

人間は本当に色んな性格の人がいますよね。

完成間近なのにまるっきり違う案に修正をすると急に言い出したり…ちょっと文字を間違えただけで謝りに来いや!とクレームを言ってきたり

私も何度大変なお客さんと仕事をしたことか…

建築会社の社長に、サイトに掲載をする施工事例の写真をくださいと何回か電話していたら、いきなりブチ切れられて「お前らのところとは契約を切る!」といったことなどもありました。

※まぁ、代わりにこちらで写真を用意しますね…と言っていれば防げたんですが、私の経験不足ですね

また、サイトのデザインがOKが出たあとでコーディングに進んでほぼ完成までにいったら、お客さんから急遽やり直しの指示が来て…

お金がかかりますと言ったら「お金は払わない。無料でやってくれ」など無茶を言われる場合なども。

※通常デザインが完了してコーディングにいった際は大幅な修正は費用がかかるのが常識です

こういったお客さんに対してうまくおさめたりなだめたり交渉をするのが、Webディレクターなのでこういうトラブルが起こった時は正直つらいですよね。

Webディレクターは、交渉をするための知識・コミュニケーション能力も必要とされます

Webディレクターは、制作をしない場合、飽きやすい

制作者である「Webデザイナー」や「プログラマー」は、案件によって次々と覚えることがあり、時代によって技術も勉強しどんどんと変化していきます。

それは一見すると大変なのですが、新しいことにチャレンジしたり覚えたりするため飽きにくいという特性があります。

このようにWebデザイナーやプログラマー達は、制作をするという楽しさ自体がやりがいになるのですが、「Webディレクター」には作る喜びがそこまで大きくありません。

※私が指示のみだった時は

打ち合わせをして、見積書を作って、ワイヤーフレームを作って、デザイナーにわかるように依頼して、コーディングをされたサイトをチェックして、お客さんに連絡をしての繰り返しです。

ちょっとした流れ作業だと感じていました…。

指示をしていくだけでなんだかつまらないなぁと、私が以前の会社で指示のみのwebディレクターをしていた時はそう思っていました。

作ってもらうデザイナーやプログラマーに面倒な人がいるとしんどい

また、大変なのはお客さんだけではありません。

依頼をするデザイナーやプログラマーに、文句の多い人や気難しい人面倒な人がいると大変です。

「あれはできない」「これはできない」「これは工数がかかるし今の費用だとできない」とか文句ばっかり言われる…。

これは指示をするだけのWebディレクターは割とあることで、会話が噛み合っていない状態です。

もしかしたらその指示をしている作業が実際に大変かもしれないし、ただ単にごねられている(舐められている)だけかもしれません。

もし、自分がWebデザイナーとして作った経験があれば、実際に作る手間としんどさがわかっているので話が通じるのですが…。

こういった点も、ある程度知識やコミュニケーション力があれば回避することができます。

※指示をするだけのWebディレクターは工数も読めてないしイライラするw

何を言えば喜ぶか、どういう風に伝えれば動いてくれるかを考えて話さなければなりません。

Webディレクターを辞めたいならキャリアチェンジもアリかも

Webディレクターを辞めたいならキャリアチェンジや転職がオススメです。

私も指示のみのWebディレクターだけでは将来食べれなくなるのと給料が安いという理由で転職をしましたから。

Webデザイナーやプログラマーの仕事をしスキルを身につける

私がWebディレクターから転職したのはWebデザイナーです。

下流に行くと給料が安くなるとか、下積みをしなきゃならないとかありますが長期的に見るとメリットがあります。

そもそもWebディレクターの仕事をしていれば、ディレクションができるので制作できるスキルを身につけることで「一人で大体のWeb制作ができるようになる」からです。

例えばコーディングの技術を身に着けた場合、Webディレクションをしつつ外部のデザイナーに依頼して、最後のコーディングは自分がするなどした場合費用も浮かせることができます。

フリーランスになる際にはとても良い感じがしますね。

企業のWeb担当になる

企業のWeb担当ですとWebディレクターからそのままキャリアチェンジが可能です。

企業のWeb担当はその会社のいくつかあるサイトを運営し、アクセスや売上や問い合わせを増やすために、Webサイトの改修やSEO施策、広告周りの戦略を立てたり、採用サイトの立案などを行ったりします。

勤めている会社が安定した企業であれば安定して働くことができますし、業界によってはボーナスをもらうこともできます。

※Web業界はあんまりボーナスがないので…

webディレクターの将来性は?仕事はなくならない?

将来AIが人間の仕事を奪うという話がありますが、これはWeb業界にももちろんあてはまる話ですね。

現在でもすでにテンプレート化されたWebデザインが増えておりますし、コーディングが不要なツールも出てきています。

AIが進化すれば、もっと簡単にデザインも作れるようになるでしょう。

このように特にコーディング部分は、htmlやcssを入力しなくても済む未来はすでに目の前にあります。

こういったことからコーダーやデザインに特化をしていないデザイナーの仕事は減るのではないか?と言われています。

しかし、Webディレクターは、対人間となっているのが強みです。

実は、AIは完璧なように思えるかもしれませんが、苦手分野もあるのです。

それはAIは、「気がきかない」という点です。

AIは人間の持つ言葉の細かなニュアンスの違いを認識することができません。
例えば、「かっこいい」は人によって違います。

Webディレクターは、お客さんと話してお客さんなりの「かっこいい」を認識したうえで制作を依頼することができます。

また、めんどくさい社長さんからホームページを依頼された際はWebディレクターに「やっておいて」と一言で片付けますが、もちろんAIには「やっておいて」と言われてもやれないですよねw
ですので、人とコミュニケーションを取るWebディレクターや、営業などの仕事はなくならないと言われています。

こういったことからも、これからAIに仕事を奪われると言われているなかで、webディレクターは十分に将来性があると言えるのではないでしょうか?

Webディレクターのまとめ

Webディレクターのメリット
・上流工程なので、デザイナーよりも給料が高いことが多い
・自分ひとりでは、作ることが難しいレベルの高いサイトを作ることができる
・Webディレクターは交渉次第で、残業を防げる
・人と関わる仕事なので、将来性もある
Webディレクターのつらいところ
・制作のできないWebディレクターだとつぶしが効かない可能性もある
・お客さんがワガママ、クレーマーの場合大変
・制作ではないので、飽きやすい
・頼むデザイナーやプログラマーに大変な人がいるとしんどい

今回、Webディレクターは、他の人と協力をして自分だけでは作れない高レベルのホームページを作れる、給料が高い、自分の考えを反映させてホームページを作ることができるなどのやりがいがあることがわかりましたね。

そのうえ、AIが進化してきても、対人間が仕事の中心であるWebディレクターは仕事がなくならないなど将来性もあります。

Web業界はコミュニケーションが苦手な職人肌の人も多いですが、Webディレクターはコミュニケーション力さえあれば、Webデザイナーよりも稼げるので、コミュニケーションが得意な人にとってオススメの仕事といえます。