WEBディレクターのやりがい 将来性は?現役ディレクターが解説

webの仕事(デザイナー、プログラマー)

WEBディレクターのやりがいも将来性もあるが、下積みをしないとつぶしがきかない可能性もあるので注意!

Webディレクターのメリット
・上流工程なので、デザイナーよりも給料が高い
・自分ひとりでは、作ることが難しいレベルの高いサイトを作ることができる
・Webディレクターは交渉次第で、残業を防げる
・人と関わる仕事なので、将来性もある
Webディレクターのつらいところ
・制作のできないWebディレクターだとつぶしが効かない可能性もある
・お客さんがワガママ、クレーマーの場合大変
・制作ではないので、飽きやすい
・頼むデザイナーやプログラマーに大変な人がいるとしんどい

webデザイナーやプログラマーが人気で、独学でプロやフリーランスになりたいと人気の職業ですが、その職業に指示を出すのがWebディレクターです。

制作でないなら、何の仕事をするのか?やりがいがあるのか?について、現役のwebディレクターが紹介いたします。
※webデザイナーと名乗っていますが、現在Webデザイナー&Webディレクターの兼任です。

webディレクター仕事の内容

webディレクターの仕事内容は、会社によって多少は違うのですが、大まかに言うと監督のようなポジションです。

ディレクター=監督という意味なので、実際に手を動かして作るというよりも指示を出す&確認をするのがメインの仕事となります。

制作で言えば上流工程に位置するため、ホームページを作る際は、お客さんとの打ち合わせから入ります。

場合によっては営業を取りたい際に同行をすることもあります。

ホームページを作る際は、お客さんが「どんなホームページを作りたいのか?」「ターゲットはどんな年代でどんな層なのか?」などのヒアリングからしていくことになります。

デザイン面でいえば、現在ロゴはあるのか?そして、どんな色を使用したいのか?、どんな競合サイトを意識しているか?など。

そして、ホームページの目的も決めます。

お問い合わせをもらうのか、販売をしたいのか、それともただたにコーポーレートサイトとして、ほしいのか。

また、集客方法についてもどうするのか、決めなければいけません。

SEOを意識するなら、どのワードで検索順位に上げたい、広告を出すならどういった広告を出すのか?などです。

また機能面については、お問い合わせフォームや、ブログ機能、会員機能などをつけるか、つけないかなどについても話します。

webディレクター仕事でのやりがい

自分ひとりでは、作ることが難しいレベルの高いサイトを作ることができる

一人でデザインもプログラミングもやると、勉強も必要となり、ハイレベルなものを作ろうとすると限界がやってきます。

その点Webディレクターは様々な人に依頼をするので、自分では技術的に作れないものも作ることができます。

例えば、javascriptでのアニメーションを盛り込みたいとか、漫画を入れたサイトにするとか、ハイクオリティな動画を入れたサイトにしたいとかWebディレクターであれば実現をすることができるのが魅力です。

お客さんに提案して、自分の想いや作りたいものをサイトに入れる

Webデザイナーであれば、Webディレクターから出された、ワイヤーフレームに沿って作成をしたり、Webディレクターからの依頼があった通りに作ります。

依頼に沿っていないものを作ってしまうと、やり直しやクレームなどになってしまいますので、webデザイナーはそうならないように依頼に沿って作るようにします。

しかし、Webディレクターであればお客さんと打ち合わせ時から入り、どんな風にホームページを作るかから提案をできるので、自分のやりたいことを入れて制作をすることができます

webディレクター待遇面でのやりがい

上流工程なので、デザイナーよりも給料が高い

一番のメリットは、給料が高いことでしょう。

関西でWebデザイナーの募集を見ると、月給18万~28万ぐらいが大体の給料ですが、Webディレクターは月給20万~40万円ほどあり給料面ではWebデザイナーよりも魅力的なことが多いです。

これは、Webデザイナーを経てWebディレクターになることが多いので、Webデザイナーのスキルが身についたうえで考えられていたり、Webデザイナーのキャリアップのようなポジションであるという点があげられるからです。

もちろんWebディレクターは、扱う案件を増やし、たくさん作成を進めなければいけないんですが。
家族を持った人や、将来のことを考えるとこの金額の差は大きいですよね。

Webディレクターは交渉次第で、残業を防げる

Webディレクターは、制作の立場ではなく上流工程のため、作業量をある程度工夫することができます。

急納期になった場合も、外部制作会社に依頼をする場合でしたら、指示さえすればWebディレクターは残業しなくてもかまいません。

その代わり進捗状況を常におったり、トラブルがあった際は、対応をしなければならないのですが…

webディレクターのつらいところ

もちろんWebディクレターもつらいことあるんですよ…
やりがいがあって、お給料が良いのでは、みんなWebディレクターになりますからね。

お客さんがワガママ、クレーマーの場合大変

人間は本当に色んな性格の人がいますよね。

私も何度大変なお客さんと仕事をしたことか…

建築会社の社長に、サイトに掲載をする施工事例の写真をくださいと何回か電話していたら、いきなりブチ切れられて「お前らのところとは契約を切る!」といったことなどもありました。

※まぁ、代わりにこちらで写真を用意しますね…と言っていれば防げたんですが、私の経験不足ですね。

また、サイトのデザインがOKが出たあとで、コーディングに進んでほぼ完成までにいったら、お客さんが急遽やり直しを言ってきて、お金がかかりますと言ったら「お金は払わない。無料でやってくれ」など。

※通常デザインが完了してコーディングにいった際は大幅な修正は費用がかかるのが常識

こういったお客さんに対してうまくおさめたり、なだめたり交渉をするのが、Webディレクターなので、こういう時は正直つらいですよね。
交渉をするためのコミュニケーション能力も必要とされます

制作ではないので、飽きやすい

Webデザイナーやプログラマーは制作をする立場なので、覚えることも多く変化もありますが、その分飽きることは少ないです。

Webデザイナーやプログラマーは、作る楽しさがやりがいになるのですが、Webディレクターには作る喜びがそこまでありません。

打ち合わせをして、見積書を作って、ワイヤーフレームを作って、デザイナーにわかるように依頼して、コーディングをされたサイトをチェックして、お客さんに連絡をしての繰り返しです。

指示をしていくだけで、なんだかつまらないなぁと、私が以前の会社で指示のみのwebディレクターをしていた時はそう思っていました。

作ってもらうだけ、指示するだけのWebディレクターはつぶしがきかない

作ってもらうだけや指示するだけのWebディレクターって、ハイレベルなWebディレクションができるなら必要とされるんですけれど、低レベルなWebディレクションしかできず制作もできない人はつぶしもきかないので注意した方がいいですよ。

Webディレクターからいきなり仕事につくこともできますが、いきなり仕事につける=スキルのない人でもできる仕事なので、将来性は厳しいと感じました。

だって、ちょっとした修正などをいちいちデザイナーやプログラマーにふると時間も手間もお金もかかる場合があります。そこで制作を少ししたことがあるディレクターがいれば、修正費などもおさえることができます。

作ってもらうデザイナーやプログラマーに大変な人がいるとしんどい

また、大変なのはお客さんだけではありません。

依頼をするデザイナーやプログラマーに、文句の多い人や気難しい人がいると大変です。

こちらが依頼したことをやってくれなかったり、「いやそのやり方は嫌ですと」否定ばかりされると困ります。

こういった点も、ある程度コミュニケーション力があれば回避することができます。

何を言えば喜ぶか、どういう風に伝えれば動いてくれるかを考えて話さなければなりません。

webディレクターの将来性は?仕事はなくならない?

将来AIが人間の仕事を奪うという話がありますが、これはWeb業界にももちろんあてはまる話ですね。

現在でもすでにテンプレート化されたWebデザインが増えておりますし、コーディングが不要なツールも出てきています。

AIが進化すれば、もっと簡単にデザインも作れるようになるでしょう。

このように特にコーディング部分は、htmlやcssを入力しなくても済む未来はすでに目の前にあります。

こういったことからコーダーやデザインに特化をしていないデザイナーの仕事は減るのではないか?と言われています。

しかし、Webディレクターは、対人間となっているのが強みです。

実は、AIは完璧なように思えるかもしれませんが、苦手分野もあるのです。

それは、「気がきかない」という点です。

AIは人間の持つ言葉の細かなニュアンスの違いを認識することができません。
例えば、「かっこいい」は人によって違います。

Webディレクターは、お客さんと話してお客さんなりの「かっこいい」を認識したうえで制作を依頼することができます。

また、めんどくさい社長さんからホームページを依頼された際はWebディレクターに「やっておいて」と一言で片付けますが、もちろんAIには「やっておいて」と言われてもやれないですよねw
ですので、人とコミュニケーションを取るWebディレクターや、営業などの仕事はなくならないと言われています。

こういったことからも、これからAIに仕事を奪われると言われているなかで、webディレクターは十分に将来性があると言えるのではないでしょうか?

今回、Webディレクターは、他の人と協力をして自分だけでは作れない高レベルのホームページを作れる、給料が高い、自分の考えを反映させてホームページを作ることができるなどのやりがいがあることがわかりましたね。

そのうえ、AIが進化してきても、対人間が仕事の中心であるWebディレクターは仕事がなくならないなど将来性もあります。

Web業界はコミュニケーションが苦手な職人肌の人も多いですが、Webディレクターはコミュニケーション力さえあれば、Webデザイナーよりも稼げるので、コミュニケーションが得意な人にとってオススメの仕事といえます。