もしリストラをされたら…不安なら転職サイト、転職エージェントで準備!

転職について

リストラをされたら…そんな不安は転職サイト、転職エージェントで準備万端にして備えると安心

意見
・今コロナの状況では、リストラが多い
・リストラされてから準備をしては時間がかかる
・リストラされたら…失業保険をつかって凌ぐ、その間に転職活動
提案
・転職は、転職サイトも複数登録し、転職エージェントも複数登録しこちらが主導権を握って仕事を選ぶべし!
・転職サイトのスカウトは、仕事を辞めてもいいとなってからONにしよう ※バレたら気まずいので
・応募するサイトは転職会議とカイシャの評判でチェックする!
・転職エージェントは偉そうでムカつくなら、担当者か他の転職エージェントを使おう。

リストラをされると思うと不安ですよね。

特に今世の中はコロナショックの影響で不景気となっており、いつ会社から解雇されるか不安な人も多いでしょう。

特に飲食業界や派遣業界では、会社がつぶれたり、派遣切りがあって不安は募るばかりです。

このページでは、リストラが不安な時にこそ、転職に備えて準備をする方法を紹介します。

もし万が一会社から解雇された!そんな時も私の経験も踏まえて転職への準備方法を紹介します。

私は、過去にリストラを受け、それをむしろチャンスにして給料アップをしてきたので、そちらの方法も紹介します。

私はリストラをされたことが2回ある

私もリストラをされたこともあります。

また、勤めている会社がリーマンショックのため、業績が悪くなり会社都合で解雇されたこともあります。

社長に呼び出されて、嫌な予感はしていたのですが、会社の業績が厳しいから、今月末で辞めてくれるか?と突然言われたので、目の前が真っ暗になったことを覚えています…。

頭の中では「恋人は?家賃は?家族は?どうすればいいのか…」

この後、同棲をして婚約をしていた恋人とも生活がうまくいかなく、一度全てを失いました…。

しかし、そこから、職業訓練校に通い、Webデザインの勉強をして転職をし今に至ります。

給料はリストラをされた当時と比べて1.5倍になりました。

そうなんです。

リストラされたからといってそこで終わりではありません!

リストラをするということは、会社の経営が悪いということ。

あなた自身が悪いわけではありません…

自分を責めずに、転職活動を行い今度こそ良い会社を見つけましょう。

転職をして給料アップも全然可能です!
※私の周りも転職によって多数が給料アップしています

転職の主導権は自分が握る!複数の転職サイトと転職エージェントを使い倒そう

まず、転職の準備について、転職サイトと転職エージェントの紹介をしますが、大事なことはあなたが条件の良い転職先を決める!ということです。

そのために、まず複数の転職サイトと転職エージェントに登録をしましょう!

そして、スカウト機能や仕事紹介をたくさん受けましょう!

良い仕事を選ぶことは、当たり前じゃんと思うかもしれませんが、転職の際は焦って仕事を決めてしまいがちです。

しかし、本当に心の底から入りたい会社でなければ、また転職となってしまうので慎重に選ぶようにしましょう。

特に転職エージェントはアナタの就職が決まれば、売上があがるので必死に仕事を紹介してきます。

それでも、あなたが心からその会社に入りたいと思わなければ、断りましょう。

リストラされる前に転職の準備は大切。転職サイトの登録

失業保険がもらえる日数は、3ヶ月と考えれば、転職活動は早い内に準備をするにこしたことはありません。

そのためリストラされるかもしれないと感じたら、まず転職サイトに登録をしましょう。

転職サイトの登録をすることは、別に悪いことでもなんでもありません。

それに転職サイトでは履歴書や、職務経歴書の入力などの準備が時間がかかるため、先に済ませている方が、気になる会社があった時にすぐに応募することができます。

転職サイトを選ぶ基準は、求人数の多さです!

チャンスは多いに越したことないですからね。

下記のサイトは必須で登録しましょう。

転職サイトは、

リクルートの運営する求人数が多い「リクナビNEXT

マイナビが運営する求人数の多い「マイナビ転職」

エン・ジャパンの運営する「エン転職」には

必ず登録をするようにしましょう。

※ともに大企業の募集などがあるので、オススメです。

 

この3つの転職サイトを抑えておけば、主要な転職サイトを網羅していると言っても過言ではありません。

後は、有名な転職サイトで言えば、GREENやweb系の仕事ならfindjobなどもあります。

一応ハローワークにも求人情報はありますが、

Webから応募ができないので手間がかかる、

募集条件の良くない中小企業が多い

働いている人の写真がなかったりホームページの写真がないなど、ハローワークの求人欄を見ても応募しようという気にはなりにくいかもしれません…

※失業している際に失業保険をもらうためには、ハローワークにて求人検索、求人応募をしないといけないので最低限行ないましょう

ただし一点注意をしたい点が、転職サイトのスカウト機能をONにすると、あなたの情報が見えてしまう点です。

もし、あなたの働いている会社が求人サイトで、あなたの情報が見えてしまっては会社の評価がマイナスになってしまいます。そのためスカウト機能をONにするのは、もう会社を辞めていい、会社が潰れるのは近いと感じてからにしましょう。

応募前には、転職会議とカイシャの評判で必ずチェックしよう

転職会議とカイシャの評判は知っていますか?

実際にその会社に働いていた人の感想が書かれたサイトです。

会社によっては、給料やボーナスについてから、子育ての待遇、残業の有無から、社長はどんな人まで書かれている場合も書いています。

せっかく転職するのですから、リスクなく良い会社で働きたいですよね?

その場合は、やはりこういったサイトを使って調べるようにしましょう!

普通以下の会社に応募をするのは少し危険かもですが、よく内容を読んで判断をされることをオススメします。

試しにアナタの働いている会社名を探してみると…どんなことが書かれているでしょうか?

アナタの以前いた会社の評判を調べるには、転職会議で調べるとおもしろい評判が見れるかもです!

あとは、転職会議に登録したついでに、転職会議エージェントに登録するのも良いでしょう!

転職会議を見るためには、登録するために情報入力をしているでしょう。

ついでに登録をしておけば、仕事も紹介されて一石二鳥ですよ!
転職会議エージェント

この転職サイトを利用するとより仕事が見つかりやすい!

ミイダス

ミイダスでは、たったの5分で、優良企業140,000社にあなたの経歴を公開できます。

登録をするだけで、求人を探す必要はなく、キャリアアップを実現できるが謳い文句です。

ミイダスに登録をすれば、あとはあなたを必要としている企業からのオファーを待つだけ。

キャリアアドバイザーと面談する必要もないとのことです。

また、ミイダスのオファーはすべて書類選考合格済み(面接確約)のため、面接できる会社が少ないと思った時に1つでも面接できる会社を増やすためにミイダスを利用するのもアリですね。

登録したユーザーの約99%が1通以上のオファーを受け取っているのも安心ですね。
多い方では、登録直後に100通以上のオファーを受け取っているとのこと。

登録をするだけで、面接確約の連絡がたくさん来るイメージですね!


併用して転職エージェントを利用しよう。大企業入社、給料アップも可能!

さて、転職サイトを紹介しましたが、もう一つ転職エージェントを利用しましょう。

転職サイトは登録をして、こちらから応募をするイメージですが、転職エージェントは登録をすればこんな仕事どうですか?と紹介をしてもらうイメージです。

転職エージェントの強みとしては、転職エージェントにしか募集が掲載されていない会社があることや、あなたの強みを担当者が見つけて転職希望先にアピールをしてくれることです。

転職サイトは主に自分で会社を選び、自ら応募することが大半のため、自分でしっかり自己分析をし、履歴書や職務経歴書をまとめ企業に自分からアピールをする必要があります。

もちろんこちらからどんどん応募をしていけばいいのですが、チャンスは多ければ多いほうがよいですのね!

ですので、転職サイトと併用して転職エージェントを利用した方が、より多くの企業から転職サイトをみつけることができます。

それに給料が高い案件があったり、レアな仕事に出会えるのが転職エージェントのメリットでもあります。

会社の立場からすると転職サイトに募集をかけると、費用がたくさんかかり応募者の対応なども大変です。

しかし、転職エージェントに募集をかけると、社風にあった人柄や実力を兼ね備えた人を紹介してくれるので、会社からしても面接などの対応に追われずに済み、優秀な人に出会えるのですね。

また、転職エージェントに登録をしたからといって、必ず応募しなければいけないわけでもありませんし、入社しなくてもよいです。

私もさして興味のない案件は応募もしませんでしたし、良い案件以外は相手にしませんでした。
転職によるチャンスを増やすために転職エージェントは利用し倒しましょう。

転職エージェントならどこがオススメ?

転職率No.1のリクナビエージェントがオススメ


やっぱり転職サイトも転職エージェントも、母数が多い=チャンスも多いので、リクナビエージェントは抑えておきましょう。

特に大手の企業が多いので、これ以上転職したくないと思ったら、リクナビエージェントなどで大企業の紹介が良いでしょう。

転職相談も可能!ゲキサポ!転職(転職支援コンサルティング)の無料カウンセリング


ゲキサポ!転職(転職支援コンサルティング)の無料カウンセリング

こちらは転職エージェントではありますが、新卒から転職をする際やこれまで派遣社員、契約社員、アルバイトやニートからの、正社員にチャレンジする際に相談から乗ってくれる会社です。

履歴書の書き方や、面接の仕方、会社の選び方、キャリアアップの方法など求職のプロによるアドバイスを受けることができます。

もちろん仕事も紹介をしてくれるので安心ですね。
ゲキサポ!転職

20代専門の就職サポート『ウズキャリ』


(自由テキスト)

こちらは20代専門の就職サポート『ウズキャリ』会員登録です。ブラック会社を徹底排除したところ、第二新卒などがキャリアアドバイザーとなっているのでアナタの気持ちをわかってくれる頼りになる会社です。もちろんアルバイトやニートの方の就職実績も多いとのことです。

 

転職エージェントの担当者、会社がムカつく、合わない時

転職エージェントに登録したからといって、嫌なこともあります。

それは担当者が合わない時、「なんで上から目線なの?」「良い会社を紹介してくれない、ロクな会社がない」「面接したくないところに強要させられる」などです。

そりゃあムカつくのは当たり前です。せっかく時間を使っているし、こちらとしては、お客なわけですからね。

ムカつく担当者を変えてもらおう

合わない担当者と話していて、こっちが間違っていると思わずに、他の人に代えてくださいと言いましょう。

他の人の意見も聞きたいのでと。当然ですが、会社員でもデキる人デキない人がいます。

見る目がある人もいれば、見る目がない人もいるので。

ムカつく時点でなんだか役に立たないことばっかり言ってきたり、余計なことを言っている可能性が高いです。

転職エージェントが偉そうに言ったとしても、自分で働いているわけでもないので「じゃあお前にできるのかよ?」と思うことも当然ですね。

さっさと担当者を代えてくださいと伝えましょう。

問い合わせ窓口が一番効果的です。会社で問い合わせとして他の人の目に触れるため、効果があります。

担当者本人に担当者を代えてくださいと言っても、他の人に代えれないんですよと言われた時や、他の人も空いてないんですよと言われることもあります。

担当者変更は、正直本人にとって恥ずかしい話で、自分ができていないことなので、担当者としても代えたくありません。それではぐらかせて話すので、上の人に言ったほうが話が早いです。

違う転職エージェントに登録をしよう

担当者を代えるのが手間だったり、この転職エージェントには良い仕事がなければ、違う転職エージェントに登録をしましょう。

結局魅力的な仕事がなかったり、嫌な仕事しかないとかというのは、転職エージェントの力不足なわけですから。

別にいくつ登録をしても構いません。私も3社ぐらい登録をして、良い話が来たところは話を聞き、全然駄目だなと思う会社は辞めました。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは仕事なので、こちらも利用をしたおしてもいい

会社の中では、自分に興味のない仕事や、誰でも働けそうな会社を勧めてくる場合があります。

これは、単純に仕事が決まった時点で、転職エージェントに報酬としてお金が入るからです。

会社なので、利益を出さなければいけないからです。キャリアアドバイザーにもノルマがあり、ある程度稼がなければいけないのです。

ですが、こっちからすれば知ったこっちゃないですよね?

いや、そんな興味のない仕事はいらないので、私の希望する仕事だけ探してくださいと伝えましょう。

「他の転職エージェントに登録をしていますか?」と聞かれた時は、登録していますと答えましょう。

そして○○の転職エージェントの方が、自分に合った仕事を紹介してくれますと伝えましょう。

相手の転職エージェントも焦るのでw

それから、本気で探してくれます。それでも良い案件がなければ、そもそもその転職エージェントが力不足で大して力もないところなので別のところを探しましょう。

リストラをされそうになったら…会社都合か自己都合か確認

会社から解雇された時に注意をしたいのが、会社都合か自己都合による退職かによります。

会社都合というのは、会社の業績不振などを原因に従業員を辞めさせることを指し、自己都合とは従業員の都合によって会社を自主的に辞めることをさします。

これで何が違ってくるといえば、ハローワークでもらえる失業保険がすぐにもらえるか、3ヶ月待たないともらえないかが変わってきます。

会社を辞めるとお給料がもらえなくなるわけですから、貯金がある場合でも厳しいですし、貯金がなければ非常に切羽づまってしまいますよね。

失業保険は何ヶ月もらえる?いくらもらえる?給料の何%?

失業保険は、雇用保険の被保険者であった期間によって何ヶ月もらえるかが変わってきますので、90日~360日人によって変わりますがもらえます。

退職などをせず長期間雇用保険を払っているほど、失業保険をもらえる期間が長くなると考えれば大丈夫です。

ちなみにもらえる失業保険の額は、退職前の6カ月間の給与の約50~80%です。
失業保険をもらうためには、住んでいる地域が管轄するハローワークに行って手続きを行う必要があります。

私がリストラされた時

建築会社でリストラされた時

昔建築会社で働いていた時です。
その少し前にリーマン・ショックがあって、経済の調子も悪く会社の業績が悪かったので、建築現場に行くことはなく、チラシ配りや倉庫・事務所の掃除を命じられました。
なんで急にこんな仕事を、今思えば明らかに仕事がないので新規の受注と手を余らせているので倉庫と事務所の片付けですよね。
そんなある日、急に社長から呼び出しを受けました。
「○○くん、申し訳ないんやけど、今月で辞めてくれないか?」
私は頭が真っ白になりました。
まだ働いて1年ちょっと、恋人ができてしっかりしなくちゃと家族の紹介で働いた会社だったからです。
そのために家も借りて同棲をしていました。
「え、えっどうにもならないんですか?」と聞きましたが、どうにもならないとのこと。
建築会社では、私は新米でそこまで役にも立っていなかったのと、もうひとり紹介で入社していた人もクビになりました。
田舎から新入社員を雇っている会社としても、出身校との関係に傷つけてまで他の人を切りたくなかったんだと思います。
でも、本人からしたらそんなこと知ったこっちゃないんですけれどね。
それから、家に帰って恋人に説明をして、仕事を探しが始まりました。

次は一点して営業に挑戦…しかしまたもや…クビ

次は稼げる仕事をしようと思いました。
月収50万円も可能、営業に挑戦をしようと、人当たりの良い私は挑戦をしました。
前の仕事は週休1日で、総支給額18万円。
せっかく働くのだから、お金を稼ぎたいと思い営業会社に面接をし入社をしました。
ちょうど金持ち父さんと貧乏父さんが人気の時もあって、その影響で営業って素晴らしいと思ってです。
しかし、働いても物件調査、物件確認、ビラ配りばかりでちっとも営業の場面に立ち会わせてくれません…
うーんダルいなぁとおもってビラ配りをした時に、若い子Aくんに言われました。
「○○さん、そんな調子じゃクビになりますよ。」と。
何言ってんだよと思っていましたが、その日戻ってきて上司から「俺たちに教えてほしければ、俺たちに媚びを売るなり、俺たちに教えさせてみろ。」と。
「えっ仕事って教えてくれるんじゃないんだ…」と思ってビックリしました。
先程私に言ったAくんは、新人ながら売上をあげており、働いている姿を見ると店長である人に媚びを売りまくっているではありませんか…
そうかこれが営業では大切なことなんだと思いました。

しかし、私は3ヶ月の試用期間を待たずして、社長にクビを言われてしまいました。